presented by 松原正和
 





広告






twitter


掲示板

FeedWind
      
A5:SQL Mk-2

高機能かつ軽量な汎用SQL開発ツール / ER図ツール / フリーソフト

for Oracle Database, Microsoft SQL Server, IBM DB2, PostgreSQL, MySQL etc...




オンライン
ヘルプ
   
ベータ版公開!
 
   
掲 示 板
 
   
寄付の募集
 

Vectorからダウンロード(x86・x64)
 
  A5:SQL Mk-2は複雑化するデータベース開発を支援するために開発されたフリーのSQL開発ツールです。

 高機能かつ軽量で、使い方が分かりやすいことを目標に開発されています。

 SQLを実行したり、テーブルを編集するほかに、SQLの実行計画を取得したり、ER図を作成したりすることが出来ます。


   2015/06/15

A5:SQL Mk-2 Version 2.11.1 がリリースされました。
  README  ライセンス規定  改定履歴

  ワンポイント
  

実行時イメージ


SQLエディタ (SQL入力支援が使用できます)
実行時イメージ SQLエディタ-SQL入力支援

特徴・機能


動作環境

OS Windows XP, Windows Vista, Windows 7, Windows 8, Windows 8.1
Windows Server 2003, Windows Server 2008, Windows Server 2012
接続先データベース Oracle(OCI接続 または 直接接続 または OLEDB, ODBC)
Microsoft SQL Server (OLE DBプロバイダ利用) IBM DB2 (ODBCドライバ利用) PostgreSQL (直接接続 または ODBC)
MySQL (直接接続)
その他のDBは OLEDB, ODBC

32bit OLE DBプロバイダ, ODBCを利用するには32bit版 AL5:SQL Mk-2を利用して下さい。
64bit OLE DBプロバイダ, ODBCを利用するには64bit版 AL5:SQL Mk-2を利用して下さい。
一部機能は Oracle, IBM DB2, Microsoft SQL Server, MySQL, PostgreSQL のみ対応
その他 1GHz程度以上のプロセッサを推奨

tips !!

SQLエディタ テーブルエディタ ER図 Oracle Database Microsoft SQL Server IBM DB2 PostgreSQL MySQL その他

ダウンロード(最新バージョン)


こちらからダウンロードすることが出来ます。
32bit版と64bit版の使い分けはこちらも参考にしてください。

エディション 備考
32bit/64bit 通常版 32bit OCI・OLE DBプロバイダ・ODBCドライバを利用する場合は x86 edition を利用してください。
64bit OCI・OLE DBプロバイダ・ODBCドライバを利用する場合は x64 edition を利用してください。
32bit 読み取り専用版
DBへの更新処理が行われてはいけない環境で利用してください。
(ストアドファンクションやシーケンスオブジェクトなどでDBの更新が行われることがあります)
ER図は通常版と同じく編集することができます。
64bit 読み取り専用版
DBへの更新処理が行われてはいけない環境で利用してください。
(ストアドファンクションやシーケンスオブジェクトなどでDBの更新が行われることがあります)
ER図は通常版と同じく編集することができます。


旧バージョン


こちらから古いバージョンをダウンロードすることが出来ます。

バージョン ファイル名 備考
Version 2.10系 32bit 通常版
64bit 通常版
32bit 読み取り専用版
64bit 読み取り専用版
2014/04
新機能
  • 接続ライブラリをdbExpressからUnidacに変更(Devart社製)
  • ADOを使わなくても接続できるDB種別を大幅に増やす (Oracle, DB2, SQL Server, SQL Server Compact Edition, PostgreSQL, MySQL/MariaDB, Interbase/Firebird, SQLite, Access)
  • IPv6対応
  • TSV入出力対応
  • SQL入力支援機能をPL/SQLに対応
  • Oracle限定で、プロシージャランチャからPL/SQLデバッグ実行ができるようになった
  • Ctrl+Shift+Spaceでストアドプロシージャの引数リスト表示
  • プロシージャランチャからソースの編集を行えるようにした
  • テキストエディタで変換機能の追加
  • ER図でページごとに背景色を変更する機能を追加
  • Version 2.9系 32bit 通常版
    64bit 通常版
    32bit 読み取り専用版
    64bit 読み取り専用版
    2013/08
    新機能
  • 全般的にSQLの非同期実行を見直し
  • テーブル定義書の出力でビューも対応した。(ビューの場合はソースも出力)
  • テーブルエディタで、「ソース」タブを新設した。
  • ER図上のオブジェクトをDMonkeyスクリプトからアクセスできるようにした。
  • ERエディタ機能の改良
  • MySQL用のコントロールパネルを実装
  • SQL Server, SQL Server Compactへの接続の改善
  • SSH経由の接続でPuTTY形式の秘密鍵に対応(PLINK.exeが別途必要)
  • 読み取り専用エディションを用意
  • Wine 1.4, 1.5, 1.6(rc2)…での動作性の改善
  • Version 2.8系 32bit 通常版
    64bit 通常版
    32bit 読み取り専用版
    64bit 読み取り専用版
    2013/01
    新機能
  • Oracle(直接接続),PostgreSQL,MySQLでSSHトンネル経由の接続をサポート
  • ERエディタ機能の機能向上
  • カラーユニバーサルデザイン(CUD)への取り組み
  • Windows Vista 以降の高DPI環境下の表示を改善
  • 読み取り専用エディションの準備
  • Version 2.7系 a5m2_2.7.2_x86.zip
    a5m2_2.7.2_x64.zip
    2012/10
    新機能
  • 従来のx86版に加え、x64版も用意
  • ERエディタでサブタイプのサポート
  • PostgreSQLへの直接接続をサポート
  • HTML形式でのテーブル定義書やエンティティ定義書をサポート
  • グリッドからのクリップボードへのコピーでHTML形式でコピーするように改良
  • SQLエディタの構文入力支援でストアドプロシージャも列挙するようにした
  • SQLエディタの構文入力支援のウインドウをリサイズ可能にした
  • Version 2.6系 a5m2_2.6.3.zip
    2011/06
    新機能
  • MySQLに対して、MySQL Connecter/ODBCの利用を不可能にした
  • Oracle Database及びMySQLに対して独自ライブラリによる直接接続を可能とした
  • MySQLでサーバー上の各データベースをスキーマとして扱えるようにした
  • Oracle向けのコントロールパネル機能を実装
  • スキーマ間のデータ転送機能の実装
  • ログイン時にトランザクション分離レベルの指定を可能にした
  • MySQLでテーブルのコメント表示に対応


  • コンタクト


    質問・要望・不具合報告などあればお待ちしております。
    e-mail e-mail e-mail

    home
     








    6217803