はじめにお読みください。「雪色の妖精」のリアクションです。プレイヤーキャラクターの作り方、及びゲームの遊び方の説明です。管理人にメールを送ります「雪色の妖精」トップに戻ります。

物語の舞台について/プレイヤーキャラクター/ノンプレイヤーキャラクター

 物語の舞台について

 ここでは、「雪色の妖精」の主な舞台となる「神室町」について解説します。


神室町


 物語の舞台となる神室町(かむろまち)は、東北日本海側の内陸部、奥羽山脈の山々に囲まれた人口一万人たらずの小さな町です。
 今でこそ農業が主産業の神室町ですが、江戸時代中期から明治時代にかけては隠内(かくしない)銀山の労働者たちが住む街としてたいへんに賑わっていました。400年前に開山した隠内銀山は、当時日本屈指の銀産出量を誇った鉱山で、その麓にあった神室村(当時)は、銀山の最盛期である江戸時代中期には近隣でもっとも大きな街(鉱山を経営する藩の城下町より多くの人口を擁していました)にまで発展していました。
 やがて明治時代になり、鉱山の経営は国(工部省)に移りました。一時は銀山の鉱脈が尽きかけ街も衰退の兆しを見せたこともありましたが、国から鉱山の経営を引き継いだ氷川財閥が新たな鉱脈を発見したことで銀山の経営が持ち直し、また、交通の難所であった大勝(おおがち)峠が整備されたこともあって、神室村は江戸時代とかわらぬ繁栄を謳歌し続けていました。
 しかし、明治時代末期に起きた世界的な銀価格の暴落には、日本屈指の銀鉱山もさすがに勝てませんでした。採算の悪化により大正時代には銀山の規模を大幅に縮小、それにともない神室村の人口も減少してゆきかつての賑わいを失っていったのです。

 隠内銀山はその後も細々と銀の採掘を続けていましたが、昭和27年についに閉山しました。やがて神室村は周辺の村と合併して神室町と名前を変え、りんごやぶどうなどの果樹栽培と温泉の町として今に至っています。


・JR神室駅
 神室町の中心に位置する駅です。
 町にあるほとんどの商店が駅前周辺の国道沿いにありますし、少し離れた所には小さなスーパーがありますので、食料品など生活必需品の買い物は駅前に出てくれば事足りるでしょう。また、駅前からは春乃宮温泉郷行きと町内を回る環状バスの2本が出ています。

・神室町役場
 町役場です。町の歴史や名所旧跡についての質問は、役場の観光課に尋ねるといいかもしれません。また、役場の向かいには郵便局があります。

・隠内銀山跡
 長さ10kmほどの峡谷にそって坑道跡などが残っています。かつては鉱夫たちの大規模な集落があったのですが、現在まで残っているのは坑道の他には廃寺の跡や江戸時代の共同墓地くらいしかなく、辺りは森にすっかり覆われて当時の面影はほとんど残っておりません。
 なお、冬期間は隠内銀山資料館より先の道路が閉鎖となります(より正確に言えば、銀山跡に続く道がまったく除雪されないため行きたくても行けない状況になってしまうのです。根性と装備さえあれば冬でも行けないことはありません)。

・隠内銀山資料館
 銀山跡の入り口に位置する、隠内銀山の文献や写真など歴史資料を展示している資料館です。当時の採掘を再現したジオラマなども展示されています。入館料は200円です。

・春乃宮温泉郷
 役内(やくない)山のふもとにある、秘湯の雰囲気を存分に楽しめる温泉郷です。10軒ほどの温泉宿が森の中に点在しており、それぞれが源泉を有しています。日帰り入浴もどうぞ。

・氷川家別荘
 氷川グループ(かつての氷川財閥)の創業者一族が所有する別荘です。明治時代に建設された歴史のある建物で、赤レンガで造られた洋風の大きな屋敷ですが、現在はほとんど訪れる者もおらず、ずっと無人のままになっています。

・道の駅かむろ
 レストランや特産品直売店などが併設された道路利用者むけの休憩施設です。土産物は山菜や淡水魚、果物などの加工品に人気があるようです。レストランで食事をするなら地元産のイワナを使った「かむろ御膳」(1260円・税込)がおすすめ。

・喫茶店『沙雪』
 新谷深雪の父親が経営している喫茶店で、裏手に深雪の自宅があります。
 ログハウス風の小さな店で、国道沿いという立地からかドライブインとして利用する客も多い様です。ときおり深雪がメイド服っぽい制服を着て店を手伝うことがあり、それを目当てで来店する常連客もいるとか。


・県立神室高校
 60年近い歴史を持つ公立高校です。プレイヤーキャラクターはこの高校に通う生徒となります。
 神室駅から歩いて30分ほどのところにある高校で、進学率は県内では中の上レベル。よくも悪くも特徴のない公立高校です。住宅街の真ん中にある敷地には3階建ての本校舎の他、体育館、グラウンド、野球場、プールなど一通りの設備が揃っていますが、過去最悪とも言われる大雪で体育館の屋根の一部が雪の重みで壊れ、またグラウンドも積雪で使用不能となっているので体育会系の部活動はすべて中止となっています。
 神室高校の制服は、男女ともにブラウンを基調としたブレザーで、学年によって男子はネクタイ、女子はブラウスのリボンの色が違います(3年生:緑、2年生:黄色、1年生:赤)。

 神室高校の部活動は以下のとおりです。
野球部(男子のみ)/ソフトボール部(女子のみ)/サッカー部(男子のみ)/バスケットボール部/バレーボール部/テニス部/陸上部/水泳部/剣道部/柔道部/応援団(通常の応援団(学ラン姿のアレ)とチアリーディング部を兼ねています)/科学部/美術部/文芸部/演劇部/軽音楽部/吹奏楽部/手芸部/歴史研究部/料理部/新聞部

 神室高校の委員会は以下のとおりです。
学級委員会/風紀委員会/放送委員会/保健委員会/図書委員会


RETURNNEXT