ワード
 
(システム・ルール編/世界設定編

システム・ルール編
 

アクション
 マスターの提示したリアクションを踏まえて、プレイヤーキャラクターに取らせる行動を文章化したもの。行動の目的・動機・具体的な方法などを記入する。アクションを作成しマスターに送付する事を「アクションをかける」と言う


グループアクション
 複数のプレイヤーキャラクターが共通の目的のために共同でアクションをかけること。またはそのアクション。「グルアク」と略する事もある。


ターン
 ゲームの区切り。野球のイニングに相当する。プレイヤーがアクションをかけ、リアクションが公開されるまでを1ターンと数える。『そして人魚は歌を歌う』は1ターンが2ヶ月で、全6ターンのゲームである。


特技
 プレイヤーキャラクターが特に秀でている技術・知識・能力のこと。その技能を保持していないからといって、それに関することが全く出来ないという訳ではない。(人並みに出来るが、プロフェッショナルの腕前ではないということ)


ノンプレイヤーキャラクター(NPC)
 ゲームに登場するキャラクターのうち、マスターが管理するキャラクターのこと。プレイヤーキャラクターの敵役のような重要なキャラクターから通りすがりの通行人などのエキストラまで多岐に渡る。プレイヤーのいないキャラクターであることからこう呼ばれる。


プレイヤー

 ゲーム参加者のこと。PLと略する事もある。


プレイヤーキャラクター(PC)
 プレイヤーの分身となってゲーム世界で活躍するキャラクターのこと。


マスター
 ゲームの進行役にして審判。リアクションの執筆者。


マスタリング
 プレイヤーから送付されてきたアクションをマスターが判定すること。


リアクション
 マスタリングの結果をもとにマスターが執筆する小説風の結果報告。プレイヤーはこれをもとに次回のアクションを作成する。「リア」と略されることもある。


ロールプレイ
 役割演技。プレイヤーキャラクターはプレイヤーの分身ではあるが、同一人物ではない。アクションをかける時にはあくまでプレイヤーキャラクターの視点で物事を考えなければならない。これがこの種のゲームを楽しむための大切な「お約束」である。




戻る  次へ