紫色は中央マンドリン楽団のシンボルカラーです。


このページは画面の解像度1280×1024ピクセルで最適化されます。


入会はいつでもできます。

団員は随時募集しておりますので、マンドリンやギターに興味
のある方は技術に関係なく、お気軽にお問い合わせください。

中央マンドリン楽団は、技術よりも人柄を重視しております。


訪問演奏(慰問)について
↓ 

  
   中央マンドリン楽団では、施設などへの訪問演奏(慰問)は、特に曜日には
   こだわりませんが、 できれば
ご希望日の数ヶ月前にご連絡をいただき、 団
   員の都合を調整したうえでご返事させていただきます。      
  
                        
   ★平成28年6月初旬まではお受け出来ない状態となっております。
   ★詳しくは携帯電話かメールにてお問い合わせください。
   ★ご希望の日にお受け出来ない場合も多く誠に申し訳ありません。
   
                                   

訪問演奏をお手伝いいただける歌の上手な方も募集中です。






季節の写真を何のこだわりもなく掲載しています。






群馬中央ギター学院へのトップページへリンクします。


群馬中央ギター学院 趣味の音楽とブログへリンクします。


中央マンドリン楽団へのメールは、ポストのマークを左1回クリック
してください。メールアドレスは自動で入力されます。






   
・経験者は勿論大歓迎ですが初心者養成講座もあります。(年齢は不問)

  ・マンドリン・マンドラ・ギター・エレキベースの各パート募集中です。
         
  ・練習会場/〒372-0014 伊勢崎市昭和町1712−2
「絣の郷」

  ・練習日時/第2・第4水曜日(祝祭日はお休みです。)午後7時〜9時

  ・会   費/1ケ月2,000円(但し、初心者は6ヶ月間は3,000円)
           
  ・お問合せ/TEL/FAX 027−269−1401(群馬中央ギター学院)
           携帯 090-2763-3357 (高 橋)
          
  ・E- mail /guitar @ wind.sannet.ne. jp



練習会場の案内図です。










           平成28年5月18日(水)

前橋市中内町にある
デイホーム孫の手・前橋南さんへ訪問
演奏に行ってきました。前日は大雨だったが、当日は快晴で
気温は夏日を記録。 音の響きも絶好調で気持ち良く演奏を
始めて30分後
音響装置に不具合が起きたため、生演奏に
変更したが特に問題なく終了
職員さんの温かい応対にメン
バーもリラックスして弾くことが出来ました。今回は
365日の
紙飛行機
や、九州の地震をお見舞いする意味で 東日本大
震災の復興支援ソングである
花は咲くなどの新曲もレパート
リーに加えました。

真正面の男性メンバーは、童謡みかんの花咲く丘をオカリナ
で演奏しました。
 




写真は男性職員さんに撮っていただきました。施設のホーム
ページ用にも撮っていたようで
忙しい思いをさせてしまい大
変申し訳ありませんでした。
 




施設の写真は、パンフレットを利用させていただきました。
 ↓








          平成28年4月23日(土)

伊勢崎市堀下町にある
ケアステーションあさひ赤堀さんへ
訪問演奏に行ってきました。 2回目の訪問ですが、 職員さ
んの応対は5つ星、 演奏会場となったデイルームは、音響
を持ち込んで良かった と思うほどの広さで、 伸び伸びと演
奏する事ができました。
施設長 (役職名は管理者)の女性
からは
マンドリンとギターの心地良い音色にご利用者様
方も癒され、聴き入っていらっしゃいました。フラダンスの踊
りにも目が釘づけとなっていました。とのコメントをいただい
ております。

演奏の最後は、童謡の「ふるさと」を利用者さん・職員さん・
フラダンスの皆さんで斉唱していただき、約1時間の訪問演
奏が無事終了しました。
 




今回は、 中央マンドリン楽団の女性メンバーと親交がある
フラダンスクラブの
ハイビスカス豊受さんから4人が駆けつ
けてくれました。座って演奏するだけの当クラブとは違い、
華やかな衣装で動きのあるフラダンスには、 利用者さんも
終始笑顔で見入っていました。
 ↓




車椅子の方や、点滴を受けながらの利用者さんもおられま
した。一部モザイク処理をさせていただきました。
 







           平成28年4月6日(水)

伊勢崎市赤堀今井町にある
デイフィールドつつじ さんへ
訪問演奏に行って来ました。満開の桜が青空の下で見ら
れるのは
今日限りとの天気予報どおり朝から好天に恵
まれルンルン気分。 この施設には立派なステージがあり
演奏者は
緊張感に包まれながら 一躍スターになった気
分を味わう事が出来ました
また職員さんの手拍子に誘
導され
笑顔の絶えない利用者さんが一斉に手拍子や歌
で応えていただき、常日頃の意思疎通が完璧なまでに確
立されていました。


後日、ご丁寧なる御礼状をいただきました。
担当者の氏名は差し支えがあると困りますので
マスキン
グさせていただきました
会員の士気高揚につながる嬉し
いお心遣いに感謝いたします。
 




4月7日(木)上毛新聞に掲載されました。
 ↓





写真は、 いつものように女性職員さんに撮っていただきま
したが、 全てキレイに撮れていましたよ、ありがとうござい
ました。
 




まずはご挨拶から・・・
 ↓








          平成28年3月28日(月)

太田市東今泉町の
太田いずみの里デイサービスセンター
さんへ訪問演奏に行って来ました。この施設は、当クラブが
発足して間もなくお声がかかって以降
定期的にお伺いして
おります。
この日、お会いするのを楽しみにしていた女性の
施設長さんは不在でしたが、私達が持ち込んだ音響装置な
どを、職員さんが率先して控え室へと運んでいただいたり、
演奏用イスや 歌詞カードのご用意など、 忙しい業務の中、
全職員様の機敏な行動とご協力により、大変気持ちの良い
演奏をさせていただく事が出来ました。


平成28年3月30日(水)
上毛新聞に掲載された記事です。
 





もろに逆光でしたが・・・
お願いした女性職員さんが、 こんなにキレイに撮ってくれま
した。
オカリナ演奏は、美空ひばりさんの「津軽のふるさと」で、素
朴な味わいが大人気でした。
 




今回は男性4人、女性7人の計11人が参加しました。
 







          平成28年3月1日(火)

前橋市上泉町にある
障害者支援施設泉荘さんへ、訪問演
奏に行ってきました。この施設は目の障害と知的障害を併
せ持つ盲重複障害のある人たちが入所しています。
今回は、 演奏写真を撮るのを忘れてしまい、 施設の外観
のみを掲載します。
当日は50人近い入所者の皆さんが集会室に集まり、私達
の演奏に耳を傾けていただきましたが、 知っている曲は、
演奏が聞こえないほど大きな声で歌ったり、 手拍子などで
参加していただき大変感激いたしました。
事前の打ち合わせで、 30代〜70代までの幅広い年代の
方が 対象だと言われておりましたので、 今までのレパート
リーを変更し、それぞれの年代別にモーニング娘の曲やグ
ループサウンズ、 ポップス、 外国曲、ロック、懐メロなど、
13曲を演奏しました。
終了後は メンバー達が、
会議室に用意されたお茶をいた
だきながら長時間歓談
帰りには 過分な菓子折が全員に
用意されていて恐縮至極の訪問演奏となりました。


立派な玄関ですねえ。
 ↓





施設の全景です。
 ↓








          平成28年2月15日(月)

前橋市箱田町にある
前橋ケアセンターそよ風さんへ、訪問
演奏に行ってきました。 何回かお伺いしている施設なので
気分的にも余裕が持てました。 演奏会の最後に、 クライア
ントさんお二人の誕生祝が行われ、開演前にハッピーバー
スデー の曲が演奏出来ないかと聞かれ、 こんなこともあろ
うかと、常に用意してあった楽譜を見て胸をなでなで。

楽器の構成上、女性5人と男性4人、このようにキレイに分
かれて
しまいます。
 




図らずもこの日は大安、 縁起をかつぐ訳ではありませんが
気持ちの良い演奏が出来ました。
 




今回は9人が参加、演奏中も事務処理に追われていた女性
職員さんに、無理をお願いして撮っていただきました。
 







           平成28年1月27日(水)

この日は第二水曜日、 通常なら練習日ですが、 サボって新
年会を行いました。 何回か利用させてもらっている会場なの
で案内図を配る必要もない。道路も大雪の影響から解放され
ついでに心も解放する事になった次第です。

友達同士はハーモニーも抜群、リクエストはザ・ピーナッツの
恋のバカンス、NHKのど自慢でも合格するだろう。
 




今回はデュエットを優先に掲載し、スペースの省エネ化を図
りました。
 




料理が腹が八分目あたりにになると、誰からともなくカラオケ
が始まる。中には遠慮して歌わない人もいるが・・・
 




飲み物はホットウーロン茶・生ビール・冷酒など・・・
もちろん女性だって飲める人はいる。料理は人数の増減に対
応できるよう鍋が主流の品揃えでした。
 







平成28年1月の訪問演奏は積雪のため、中止あるいは4月
以降に延期となりました。





          平成27年12月17日(木)

高崎市末広町の
医療法人刀陽会  綿貫病院さんのクリスマ
ス会にお伺いしました。この病院は広いリハビリテーション室
を備えており
専門の理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
を配置しています。院内にはレクリェーション委員会も設置さ
数々の行事が開催されているとの事。 今回は一足早い
クリスマスでしたが
、リハビリ中の患者さんを中心に 30分間
の演奏を依頼されました。


男性はヒゲも付けたほうが良かったでしょうかねえ
オープニングは
クリスマスの定番とも言えるジングルベルを
演奏。
曲によっては
職員さん看護師さん医師の先生方が、点滴
を受けながら
あるいは 移動ベッドのまま聴いていただいた
患者さんを気遣いながら、
手拍子等で盛り上げていただき、
綿貫病院さんの理念である、和・奉仕・安心・信頼・感謝
etc
を肌で感じながらの行事となりました。
 




写真は、女性の職員さんに撮っていただきました。
少々逆光気味でしたが、綺麗に撮れています。 患者さんの
ご尊顔は後ろ姿ですが、モザイク処理をしてあります。
 




中央マンドリン楽団の行事でサンタクロースの帽子を被った
のは初めて、皆さんお似合いですよ!
 




綿貫病院さんの全景(パンフレットより)
 ↓








          平成27年12月2日(水)

高崎市榛名地区社会福祉協議会主催による
「ひとり暮ら
し高齢者おそばを楽しむ会」
のアトラクションに招かれま
した。
午前11時、 榛名地区社会福祉協議会会長の
岡田文男
氏の挨拶で始まり、 午前のアトラクションは
「榛名愛育幼
稚園」
年長組のお遊戯と歌、 正午からは 「給食サービス
調理ボランティア
梅の花」の皆さんが、 ホール隣の調理
室で作った「天ぷらそば」が提供されました。
昼食後、 12時30分から
中央マンドリン楽団が 約50分間
の演奏を行いましたが、 職員さんの細やかな応対にメン
バーは、片道一時間以上かかる道のりも軽や
かな足取り
で帰路に就きました。


広い会場だったので、持ち込んだ音響のボリュームを調整
して対応、まだまだ現役で充分に活躍できるお年寄りばか
りだったので、 司会の曲目解説や ジョークにもすばやく反
応、 50分間で10曲を演奏しましたが、知っている曲は積
極的に口ずさんでいただき、斉唱の
ふるさとでは職員さん
に用意していただいた歌詞カードを手に熱唱、私達も大変
有意義な時間を過ごさせていただきました。
演奏中の写真は全て担当の女性職員さんに撮っていただ
きましたが、一部モザイク処理をしています。

 




二階のホールには、100人を超える皆さんが参集されていま
した。演奏が始まる前に撮りましたが、個人の特定を避ける
ため、一部モザイク処理をしています。
 




打ち合わせに伺った折り、会場の正面玄関で撮影しました。
美人女性は、高崎市社会福祉協議会榛名支所の職員さん
で、今回の行事の担当者です。
 




左の二階建ての建物が今回の会場となった 「たかさき里見
人権プラザ」
、 奥に見えるのが高崎市榛名文化会館エコー
ルです。
 







          平成27年11月18日(水)

前橋市平和町の公民館で開催された
平和町一丁目ふれあ
いサロン
へ訪問演奏に行って来ました。
エルニーニョ現象の影響で小春日和の日差しを受けて、 午
前10時から11時までの1時間、13曲を演奏しました。
月に一度、地区の高齢者の皆さんが集う行事だそうですが
年齢は私達とそんなには違いません・・・。
自治会長さんをはじめ、 民生委員の方々や 地域住民のご
尽力により開催されているそうです。


終演後、 お茶をいただきながらお世話になった民生委員の
美人女性を囲んで(奥の中心)
 




南北に相当長い部屋だったので、 演奏者はほぼコの字形
に並び、スピーカーもマイクから充分離す事が出来たので、
音響もバッチリ、今回はオカリナも入りました。
写真を撮っていただいた民生委員さん、全てキレイに撮れ
ていました。ありがとうございました。
お集まりいただいた地区の皆さんは後ろ姿ではありますが
モザイク加工してあります。

 




控室での主な作業は、 女性の着替えと調弦。 一応、着替え
の時は男性は追い出される。
クライアントの皆さんは、 この部屋の前を通って二階の会場
へ足を運ぶ。襖を開けたまま準備をしていたので、全員が挨
拶をして通り過ぎる。 平和町は律儀な方ばかりで、町名にた
がわず平和な町だと実感させられました。
 




石畳を踏みしめて鳥居をくぐると左側に公民館があります。
 ↓





この公民館は由緒ある雷電神社の境内に建てられていて、
ほとんどの駐車スペースは有料で貸し出されています。
 







          平成27年10月21日(水)

前橋市樋越町にあるサービス付き高齢者向け住宅
花の丘
さんへ訪問演奏に行ってきました。
この施設はデイサービスだけの利用も可能と言うことです。
“充実したアットホームな暮らしを”をコンセプトに、めっぽう
明るい職員さんが出迎えてくれます。
私達、 部外者に対しても、 ごく自然に家族的な応対がなさ
れるのは嬉しい限りでございます。



施設の取締役である女性と、当クラブの一番左の女性メン
バーが知り合いだったため、今回の訪問演奏となりました。

 




写真は女性職員さんに撮っていただきましたが、 ぴったりフ
レームに収まるベストショット。
 




全景はパンフレットから転載させていただきました。
 







           平成27年10月11日(日)

平成27年9月6日(日)に開催の「第43回定期演奏会」に出
演した
中央マンドリン楽団が10月11日(日) 上毛新聞の
表HAPPY
のコーナーに掲載されました。
 







           平成27年10月3日(土)

高崎市新保町にある高齢者向け賃貸住宅
シルバーマンショ
ン高崎
さんへ訪問演奏に行って来ました。5階建ての立派な
建物でセカンドライフには充分すぎる。
お伺いしたメンバーの中には 「予約しておくかなあ」との声も
聞かれました。
老人施設の常識を覆す設備と内容は、 高級ホテルに滞在し
ている気分に浸る。パンフレットにも余生の言葉はなく、充実
した最良の人生を送る応援をさせていただくと結んでいる。


写真は女性の職員さんに撮っていただきましたが、部屋中を
かけずり回って、 あらゆる角度から撮影、これほど積極的に
シャッターを切っていただいた方は珍しい。 お名前は一生忘
れません。
 




この部屋はレストラン(食堂)で運動会も出来るほどの広さで
季節に合わせた出来たての食事が提供される。
入居者さん全員のご尊顔が写った写真もありましたが、プラ
イバシーに関わると困るので掲載は差し控えました。
 




ファーストライフでも、こんな立派なマンションには、なかなか
住めない。
 







           平成27年9月26日(土)

前橋市公田(くでん)町にあるグループホーム
ルルドの家
んへ訪問演奏に行って来ました。角地にある広い敷地は、ド
ローンでないと全景が撮れないかも知れない。この施設は2
つのグループホームが棟続きになっています。
施設長(管理者)さんをはじめ、 全職員さんは めっぽう明る
い方ばかりで、帰りたくない心境になるほどでした。

演奏終了後、 利用者さんの代表から記念品が授与されまし
た。万一の事を考え利用者さんはモザイク処理をさせていた
だきました。
 




今回は11人が参加、扇形以上に回り込んで並んだため、一
人見えなくなっちゃいました。斉唱をお願いした童謡の2曲を
含め一時間で13曲を演奏しました。
 




ルルドとは、フランスにあるルルドの泉の事で、聖母マリア様
が出現したと言われているそうです。
右側にある丸いレンガ造りの井戸?の中に泉があり、モデル
のお二人はルルドのマリア様と言われている職員さんです。
 




正面の入口附近から撮った施設の一部分です。
 ↓







          平成27年9月16日(水)

前橋市山王町にある介護老人施設の
山王ライフさんへ、
訪問演奏に行って来ました。
関係する幾つもの施設があり、とにかく大きい建物です。
今回も70名近い利用者さんがデイルームを埋め尽くして
おりました。
この施設は、 昨年の11月にもお伺いしておりますので、
建物の掲載は省略させていただきました。


後日、上毛新聞に掲載された記事
 ↓





今回は、伊勢崎市を拠点に活動するフラダンスグループで
ハイビスカス豊受のメンバーに、 3曲を踊っていただきまし
た。 斉唱のコーナーでは、歌唱指導もお手伝いいただき、
ピンクの衣装は男性の利用者さんからも喝采を浴びていま
した。(左端)
 




相変わらず変わり映えのしない衣装ですが・・・
 







           平成27年9月6日(日)

群馬県教育ギター、マンドリン連盟の第43回定期演奏会
に出演、アンケートでは中央マンドリン楽団が一番良かっ
たとの評価をいただきました。
全団体で18曲を演奏しましたが、 その中で当クラブの

軽のふるさと
は、 オカリナを入れた事が好評で、ダントツ
一位の評判でした。



翌日の9月10日(月)、当日の記事が上毛新聞に掲載さ
れました。
 




中央マンドリン楽団は、全員の顔が見えるよう一列に並び
ました。 これ以上メンバーが増えると二列になるかも知れ
ませんが・・・
 







          平成27年8月22日(土)

高崎市下の城町の、
ケアステーションあさひ高崎さんへ訪
問演奏に行って来ました。
猛暑も一段落したとは言え、外に出れば汗がダラダラ出る
陽気でした
この施設は、 ケアステーションと サービス付き高齢者向け
住宅と称するあんしんホーム高崎の2棟がある。演奏場所
は食堂兼機能訓練室で定員は32人と聞いています。車椅
子や 移動ベッド利用者も多く、 私達12人の演奏場所を確
保するためテーブルなどの配置換えが大変な様子でした。
終演後も利用者さんの移動や備品を所定の位置に戻す作
業など、お手数をお掛けいたしました。


利用者さんが大勢写った写真もありましたが、顔出しNGの
方もいると聞いておりますので・・・
 




      出演者全員が勢揃い!
例によって職員さんに撮ってもらいました。
             ↓




写真の建物は、ケアステーションあさひ高崎で、この後方に
居住棟の、
あんしんホーム高崎があり、 二棟は廊下で繋が
っています。
 







           平成27年7月27日(月)

前橋市石倉町の
ツクイ前橋デイサービスセンターさんへ訪
問演奏に行って来ました。
梅雨が明けた途端の猛暑日ではありましたが、職員さんの
温かい応対に大変気持ちの良い演奏が出来ました。
プログラムの最後に弾いた斉唱の3曲が終わると、 利用者
さんからのアンコールにお応えして漁業組合が宣伝用に作
ったとされる
お魚天国を演奏、 更にマンドリンの説明などを
求められ、ギターやレキントギターの弾き方や役割・簡単な
ルーツも含め結局時間を超過しての終了となりました。
訪問演奏ではなく、立派な演奏会の雰囲気となり参加者一
同、今までに経験のない充実の一時間でした。


8月4日(火)上毛新聞に掲載された記事。
 ↓




デイルームが広く、音響の準備が一時間近くあったので充分
なセッティングが出来、調弦などいつもはおろそかになりがち
な準備もバッチリ、 気分的に余裕が持てました。 今回も女性
に目立っていただきましょうか。
 




平日でもあり今回の参加者は8人、利用者さんはかなり早い
時間から イスに座ってスタンバイされていたため、 5分前に
演奏を開始しました。
 




洋風で清楚な感じの建物ですね。
 ↓








           平成27年7月19日(日)

中央マンドリン楽団にはオカリナの名手がおり、数々のクラブ
で指導者も努めています。 当クラブでも施設への訪問演奏な
どで、 時々オカリナを入れた曲を演奏し、喝采を浴びておりま
す。 その方が在籍する
いせさき土笛の会が上毛新聞の発表
HAPPY 欄に 掲載されましたので紹介させていただきますと
共に、益々のご活躍をお祈りいたします。
尚、写真の掲載については許可を得ております。


上毛新聞に掲載された記事。
当クラブのメンバーを兼ねている方は後列の一番右側です。
 ↓








平成27年7月11日(土)伊勢崎市堀下町にあるこの施設は
棟続きの建物に2つの施設が同居しています。ふるさとホー
ム赤堀さんと、 今回お伺いした
ケアステーションあさひ赤堀
さんです。
少々長い名称ですが、赤堀は平成の大合併以前の地名を付
けたのでしょう。玄関を入ると広々とした事務所に驚かされ、
更に職員さんの応対の良さにも頭が下がりっぱなしでした。


平成27年7月19日、上毛新聞に掲載された記事。
 ↓





北国の春・リンゴの唄・ふるさとの3曲は職員さんに用意して
いただいた歌詞カードを手に熱唱、点滴を受けながら参加さ
れた方も数人いたのが印象的でした。
 




いつものように写真は 職員さんに撮っていただきましたが、
全てキレイに撮れていました。 今回は男性4人、女性7人で
久しぶりに参加者が多く充実した演奏が出来たと思います。
 




老人施設は平屋が多いのは当然のこと、駐車場の奥が施設
ですが、隣家も似たような色なので分かりにくいですが・・・
 







平成27年6月21日(日)伊勢崎市寿町にあるグループホー
かりんさんへ訪問演奏に伺いました。
グループホームの定員は9人ですが、この日は3〜4人の見
学者?もいたようです。
この施設は私達が練習拠点としてい
る市営の
絣の郷とは目と鼻の先で、 一層の親近感を覚える
行事となりました。


毎回ではありませんが、帰りに喫茶店やファミレスで反省会を
行うこともあります。緊張感から解放された女性陣の笑顔、至
福のひと時なのかも知れませんね。
 




施設側の希望で集合写真に収まりました。 ホームページに
掲載させていただくため、施設長さんが本社と、入所者さん
全員に許可を取っていただいたとの事、 大変お手数をおか
けいたしました。
 ↓




ダイニング&リビングは奥行きがあり、開放感がありました。
職員さんに撮っていただいた写真はアングルがバツグン、
歌詞カードで歌っているところのようですね。
 ↓




まだ新しい施設のようです。
 ↓








平成27年6月8日、前橋市の大利根公民館で開催されたミ
ニデイに行って来ました。主催したのは、前橋市川曲町にあ
る特養の老人ホーム
あじさい園で、 月に一度この公民館を
借りて開催しているとの事。 この日の参加者は40名程度で
一階の広間は満杯状態でした。
職員さんの指導で、軽い体操などで体をほぐした後、私達の
演奏を聴いていただきました。最後の3曲は予め用意してい
ただい歌詞カードを手に熱唱していただきました。
演奏が聞き取りにくいほどの大きな声で・・・
冷房は入れてあったようですが熱気ムンムン、 私達が元気
をもらった行事でもありました。


歌詞カードで熱唱する利用者さん。
 ↓





写真は職員さんに撮っていただきました。えこひいきをする
訳ではありませんが、女性メンバーだけのショットもありまし
たので・・・

 




1階の広いホールですが利用者さんとの距離は近い。
 




公園の一角にある環境バツグンの公民館です。
 







           平成27年5月28日(木)

伊勢崎市大正寺町にある
大正寺公民館主催のミニデイへ
訪問演奏に行って来ました。
この地区の住人である当クラブの男性メンバーの紹介によ
り実現しました。
当日は区長さん、民生委員さん、地区の担当者さん、 ボラ
ンティアの皆さんの温かい対応に、大変気持ちの良い演奏
をさせていただくことが出来ました。帰りには出演者全員に
仕出し弁当のご配慮をいただき、 後日、民生委員さんから
お礼のメールも届き、重ね重ね恐縮しております。


後日、メンバーの姉さんから栄養ドリンクとお礼の手紙が届
きました。
 




飛び入りで悲しい酒をセリフ入りで熱唱をする三人娘
 




左の男性が、今回の訪問演奏に尽力していただいた当ク
ラブの重鎮メンバーで、懐メロはほとんどの曲を演奏出来
るが、今回は二重奏で3曲を披露しました。
弾き語りを加わえての堂々たる演奏に拍手喝采でした。
 




あらかじめ用意していただいた歌詞カード以外でも、知って
いる曲は積極的に口ずさんだり、 手拍子で盛り上げていだ
いたり、私達が元気をいただいたミニデイでもありました。
 




この日は午前9時に集合、10時開演なので大忙し。
男性は音響置のセット、女性陣は控え室で調弦や楽譜のチ
ェックなど、てんてこ舞いでした。
 




住宅街にある民家ふうの、趣のある公民j館でした。
 







          平成27年5月11日(月)

太田市の
別所ケアセンターそよ風さんへ訪問演奏に行って
きました。
前日は台風の影響で、地球が飛ばされるほどの大風だった
が、当日は五月晴れとなりヤレヤレでした。
この施設は、JQS ジャスダック上場のユニマットそよ風さん
が運営、各地に老人施設を展開しています。

帰りには、喫茶店でコーヒーとケーキで反省会。 これも楽し
みの一つになっているのかも知れません。
 




北国の春、青い山脈、ふるさと の3曲は職員さんに用意して
いただいた歌詞カードを手に熱唱。歌うのが嫌いな人は滅多
にいないようですね。
 




写真は職員さんに撮っていただきましたが、逆光だったため
少々修正して掲載しました。

             まずは挨拶から・・・
 ↓







平成27年5月初旬の3日間、 当クラブの女性メンバーが
入っている
群馬県蝋書作家協会の第38回作品展が開催
されました。

女性メンバーの作品4点を1つの枠に掲載しました。
のちに、
あざみの歌の歌詞を書いた蝋書は、 私が額ごと
いただき、一生の宝となりました。
 




別の場所では、パーテーションで区切られた数カ所のブース
に大きい作品が展示されていました。
 




中央のテーブルには蝋書に使う道具や手順表も展示されて
いました。
 ↓




蝋書展の会場となった伊勢崎市境総合文化センター
 







          平成27年4月13日(月)

前橋市箱田町の
前橋ケアセンターそよ風さんへ訪問演奏に
行って来ました。
当クラブのメンバー10人とフラダンスクラブの有志4人の計
14人、 菜種梅雨を思わせるあいにくの天候でしたが、職員
や利用者さんの温かい歓迎に寒さを忘れて頑張れました。

4月16日(金)上毛新聞に掲載された記事です。
 




 
帰りにファミレスで、抹茶味のあんみつを食べながら反省会。
ただ、反省の声は聞こえなかった気がするが・・・

後日、あらためて反省しよう!
 




お互いのクラブに知り合いがいる縁で時々賛助出演をお願
いしています。伊勢崎市を拠点に活動している
ハイビスカス
豊受
の皆さんに3曲踊っていただきました。綺麗なお召し物
に反応した利用者さん達が盛んな拍手を送っていました。
 




当クラブは、さくら変奏曲・北国の春・東京だョおっ母さん・青
い山脈など、 オカリナやレキントギターも交えて10曲を演奏
しました。
 







            平成27年3月30日(月)

伊勢崎市柳原町の
伊勢崎ケアセンターそよ風さんへ訪問演
奏に行って来ました。
群馬県では桜の開花宣言を受け、この日は真っ晴れで絶好
の花見日和、華蔵寺公園の桜を横目に見ながら現地へ・・・
広いデイルームなので、利用者さんの邪魔をする事なく、早
い時間から音響の準備をさせていただきました。
お陰様で開演時間を少々早めて演奏を開始、 何のトラブル
もなく終了しました。
アンコールは、一人の女性利用者さんから懐メロの「影を慕
いて
」のリクエストがあり、 合奏用の楽譜は用意してなかっ
たが、芸達者の多い当クラブの男性ギター奏者が即座に反
応、マイクは通さずに生演奏。
これが大好評で帰るまで何回も何回もお礼を言われて恐縮
しきりのひとときでした。

演奏が始まると職員さんが、率先して手拍子で雰囲気を盛
り上げてくれました。
元気な利用者さんが多く、 司会の言葉にも逐一うなずいた
り大変気持ちの良い進行が出来ました。
写真は全て担当の女性職員さんに撮っていただきました。
 




ゆったりとした座り心地の良さそうな椅子は、一時間の鑑賞に
充分堪えられたようです。
今日の演奏を聴くために来た利用者さんもいたそうです。
 







           平成27年3月16日(月)

伊勢崎市にあるデイサービスの
デイフィールドつつじさんへ
訪問演奏に行って来ました。
少々春霞っぽい空模様だったが、暖かな日和の一日でした。
まだ開発途上にある地区で、風光明媚の言葉がぴったりの
閑静な場所に長い建物はひときわ目立っていました。

この施設は広〜いデイルームに立派なステージがあり、私達
としては定期演奏会でも開催しているような雰囲気になりまし
た。写真は全て職員さんに撮っていただきました。
 




この日の利用者さんは50人、曲目紹介をする度に「知ってい
るよ、いい曲だねえ」など敏感に反応、職員さんも率先して手
拍子で盛り上げていただきました。
 




パンフレットから転載させてもらいましたが、建物が長すぎて
全部は写っていません

有料老人ホーム「つつじヶ丘」も併設されています。
 







          平成27年2月28日(土)

JA前橋市が運営する
介護ホーム上陽さんへ訪問演奏に
行って来ました。
少々風は強かったが晴天に恵まれ、広い敷地内に建てら
れた平屋の日本家屋は、和風レストランにでも入って行く
温かい雰囲気の施設でした。
去年の10月に上毛新聞社を通じて訪問演奏の依頼があ
り、今回の実践となりました。

後日、担当の女性から礼状ハガキが届きました。
 ↓





上毛新聞に掲載された記事です。
 ↓





職員さんの薦めで利用者さんと記念撮影。 日頃のコミニュ
ケーションが出来ているのでしょうね、ハイ、チーズの合図
にピースサインのオンパレードでした。
連られた演奏者もいるようですが・・・
 




例によって職員さんに撮っていただきました。
 ↓





施設の全景ですが、パンフレットの写真を少々加工して掲載
してあります。
 ↓







この情報は私が主宰する全ての団体に関係しますので、この
ページと
群馬中央ギター学院ページの両方へ掲載しました。

この文字列をクリックするとピノ・マンドリーノさんのホームペ
ージへリンクします。

            平成27年2月15日(日)

前橋市を練習拠点に活動する
ピノ・マンドリーノさんの代表者
とお会いする機会を得ました。
中央マンドリン楽団のメンバーが電車の中で偶然見かけて声
を掛けたのがキッカケでメールが届き、その後10回余りの送
受信を繰り返してお会いすることになりました。
結局4人での昼食会となり、 前橋・伊勢崎・高崎・埼玉と住ま
いがバラバラだったため、分かりやすい群馬県生涯学習セン
ターで待ち合わせました。

被写体が約1名入れ替わりました。
 ↓




帰りにお店の外で撮りました。中央の女性も中央マンドリン楽
団のメンバーです。
 




近くのファミレスに会場を移し、お互いのクラブの事や個人的
な事などをなごやかに暴露?しました。
右の男性がピノ ・マンドリーノの代表者で、 左の女性が中央
マンドリン楽団のメンバー、 二人は以前同じマンドリンクラブ
に在籍した経験があるとの事でした。
 ↓




待ち合わせ場所の県、生涯学習センター。
 






              1月21日(水)

太田市の
太田いずみの里デイサービスセンターへ訪問演奏
に伺いました。
曇り空だったが雨は降らず、まあまあの天気でした。
今回の利用者さんは30名程度で、 少なめだと言われました
が全13曲のうち、北国の春・童謡のもみじ・ふるさと、の3曲
を元気に斉唱していただきました。

帰りの際、 駐車場から迎えの車が到着するまでの間に、施
設長とメンバーの一人がツーショット。
 




この施設では古くから陶芸も行っていて、 これはお年寄りに
も使い易いように一部分がくびれた湯飲み茶碗だそうです。
まだ見本らしく私だけがいただいてきました。
 ↓




斉唱も30人となると迫力があり、演奏にも力が入ります。
 ↓




プロと称される女性職員さんに撮っていただきました。
 ↓







           平成27年1月17日(土)

高崎市の、
ツクイ高崎問屋町デイサービスセンターふれあい
さんへ訪問演奏に伺いました。
季節柄、 インフルエンザにかかって急きょ欠席したメンバー
もおりましたが、9人で無事終了することができました。
この日の利用者さんは男性1名、女性19名でしたが「ふるさ
と」を元気に斉唱していただきました。

1月26日に掲載された上毛新聞の記事です。
 ↓





デイルームでは職員さんの指導で、小物のアクセサリーを作
っているようです。
今回も出演者全員に色々な作品が手渡され、中には握手を
求めるクライアントさんもおり、大変思い出深い訪問になりま
した。
私がいただいたのは、ペコチャン柄のビニール袋に入ったピ
ンクの帽子で、裏にはマグネットが取り付けてあります。
 





毎回9名程度での参加となります。
 ↓





控え室では、それぞれが入念なチェック
 ↓








              11月17日(水)

今までは暮れの忙しい時期でもあり忘年会はやらなかったが
今回久し振りに開催しました。
全員参加という訳にはいかなかったが、同じ趣味を持つ仲間
だけに和気あいあいと、時の経つのを忘れて騒ぎまくった。

最後は集合写真を撮ってお開きに
 ↓





えっ、またピタリ賞…このお店はカラオケ無料なんです。なの
に、 またバヤリースオレンジ2本、お店はたまったもんじゃな
いなあ。真ん中の女性はお店のママさんです。
 




この二人は友達同士だけあって、デュエットの息もバッチリ。
ザ・ピーナッツの恋のバカンスを歌った気がするが…酔っぱ
らって覚えてねえ。
 




何と言っても当クラブの歌姫、 マンドリンより歌のほうが好き
だと言ってたが、おっと、また美空ひばりさんの歌だ。むずか
しい「津軽のふるさと」
を難なくこなす。
 




出ました花ちゃん、 美空ひばりさんの歌がお似合いですよ。
ピースのポーズはお願いしました。
 




一番新しいメンバーでギターのベテラン、頼りになる存在で、
ポケットに手を入れて歌う姿は石原裕次郎さんになりきって
いる。
 




このお店を紹介してくれた方で、クラブでは重要なパートを一
人で受け持って、面倒見のいいお姉さんタイプです。 それに
しても皆さん歌が上手だなあ。
 




フランク永井さんの歌が好きだそうで、 マイク持ち方からし
て経験を積んでいると見た。身長が高いので見栄えもいい。
 ↓




このお店では、カラオケにピタリ賞の点数を設けており、その
点数が出ると景品がもらえる。出た、ピタリ賞だ!景品はバ
ヤリースオレンジ1缶、何回でも貰えるそうです。
 




やはり盛り上がるのはカラオケ、 ご本人いわく何十年かぶり
に歌うと言ってたが、あまりの
歌唱力に誰も信じなかった
 ↓




お決まりの乾杯で開宴
 ↓








             平成26年11月

平成26年のゆるきゃらグランプリで群馬県の
ぐんまちゃん
が、2位に16万ポイント以上の差を付けて見事1位に輝き
ました。
反応の早い当クラブの女性が折り紙で
ぐんまちゃんを作っ
てメンバー全員にプレゼント、きちんとビニール袋に入って
いました。
 




これは県が発行したハガキ大のプロフィール
 ↓








           平成26年11月1日(土)

メンバーの身内の方がお世話になっている前橋市山王町に
ある介護老人保健施設「
山王ライフ」さんへ訪問演奏に行っ
て来ました。 あいにくの雨模様だったが、職員さんの温かく
明るい対応に、演奏者一同の気持ちは、雲一つ無い晴天で
した。
帰りは玄関で職員の皆さんが整列して “ご苦労様でした”と
頭を下げられ、照れることしきりでした。
後日、プロのような演奏だったとのお褒めの言葉をいただき、
重ね重ね恐縮しております。


今回の服装は 演奏会仕様の白黒で統一しました。 男性は、
当クラブのシンボルカラーである紫色のネクタイを着用、女
性は胸に紫色のコサージュを付けています。
 




写真は、 ボランティア担当の女性職員さんに撮っていただき
ましたが、後方からの撮影は珍しいです。
 




パンフレットから転載
 ↓








           平成26年10月12日(日)

前橋ケアセンターそよ風さんへ訪問演奏に行って来ました。
まれに見る大型台風19号が日本列島を縦断するとの天気
予報にビクビクしていたが、幸い来る前だったので雨も降ら
ず風も吹かず、穏やかな一日でした。

10月18日(土)上毛新聞に掲載された記事です。
 ↓





時期だけにハロウィンの飾り付けに囲まれての演奏だった
が、メンバーは私服だったため以外に地味でした。
もう少し派手な服装でもいいですよ
 ↓




一応あいさつから始めます。
 ↓








          平成26年9月20日(土)

前橋市南町にあります
悠々みなみちょうさんへ訪問演奏に
行って来ました。
私達の訪問演奏はデイサービスが多いが、ここは有料老人
ホーム。
車椅子使用の方がほとんどで、 当日は ボランティアさんを
含め60名ぐらいの方がホールにひしめき合っていました。


最後はフラダンスの皆さんにもお手伝いいただきふるさと
斉唱、クライアントの人数が多いと演奏が負けそうです。
 




賛助出演をお願いした伊勢崎市のハイビスカス豊受さんに
は、アンコールの声がかかり、 中央マンドリン楽団よりかな
り目立っていました。ご苦労様でした。
 




七夕のように飾り付けされた大きいホールは、職員の皆さん
の心遣いが伺われ、演奏にも気合いが入ります。
 







           平成26年9月7日(日)

第42回  群馬県教育ギター・マンドリン連盟の定期演奏会
に出演しました。
湖畔の宿・みかんの花咲く丘・童謡メドレーの3曲を演奏。
3曲の中では、 オカリナを中心とした
みかんの花咲く丘が1
番の人気でした。       
                  ↓




上毛新聞に掲載された定期演奏会の記事
写真は
J・カンタービレの皆さんです。

 







            平成26年6月28日(土)

太田市の
別所ケアセンターそよ風さんへ訪問演奏に行って
来ました。
伊勢崎市を拠点に活動をしているフラダンスクラブ
ハイビス
カス豊受
の有志5人にも賛助出演を願って・・・

締めは、 利用者さんがふるさとを斉唱、 フラダンスの方達
にリード役をお願いしました。
                 ↓ 




ハイビスカス豊受の皆さんはカラフルな衣装で喝采を浴びる
 ↓





中央マンドリン楽団は8人が参加
 ↓








         平成26年4月29日(昭和の日)

伊勢崎市柳原町にある
伊勢崎ケアセンターそよ風さんへ訪問
演奏に行ってきました。
平成25年11月に開所した施設で、デイサービスの他、ショー
トステイ・居宅介護支援も行っている。
経営主体は ユニマットそよ風さんで、 同様の施設を全国展開
している。
今回の行事は、今年の2月に介護福祉士の女性職員が、当ク
ラブが練習会場としている、 市営の「絣の郷」の利用状況から
検索して依頼されたものです。


5月10日(土)上毛新聞に掲載されました。
 




最後に演奏した童謡ふるさとは、今回の訪問演奏実現に向
けて、 窓口となった介護福祉士の美人女性に、クライアントの
斉唱をリードしていただきました。
 




今回は9人のメンバーが参加、13曲を演奏しました。
 ↓





パンフレットに掲載の全景写真です。
 ↓








            平成26年2月1日(土)

前橋市南町にある、特別養護老人ホーム
悠ゆうみなみちょう
さんへ訪問演奏に行って来ました。
この施設はショートステイも受け入れていて、この日が開所一
周年の記念すべき日であるとのことでした。
施設長さんをはじめ、 職員さんも全員、 廊下で何回行き会っ
ても、その都度挨拶をされるので、私達も恐縮の連続でした。
今回の行事は、 クラブの女性メンバーの知り合いが勤務して
いるため依頼を受けたものです。

2月8日(土)の上毛新聞に掲載されました。
 ↓





壁には歓迎・中央マンドリン楽団と書かれた貼り紙がして
あり、
まで付けていただき、メンバーも、 細やかな心遣
いに感激していました。
ほとんどが 車椅子利用のクライアントさんでしたが、演奏
が始まると、 誰からともなく歌声が聞こえ始め、 職員さん
も手拍子で応援しておりました。
写真は担当の職員さんに撮っていただきました。
 




かっこいい施設名ですね
 ↓





パンフレットに掲載の外観写真です。
 ↓







久しぶりに親睦会、分かりやすく言えば遅い新年会を行いま
した。
女性メンバーが家族付き合いをしている アットホームなお店
で、前橋市駒形町にある
オステリア・ピエトロさん。
カラオケ装置は専門店顔負けの設備で、 点数によって賞品
も出る。
宴会の締めは1月を意識しての
しるこ、酒を飲まない人が多
かったので大変好評でした。

カラオケは点数によって、男前の店主から賞品が贈られる。
 ↓





ある程度、腹がふくれるとカラオケにかじりつく。当クラブには
女性歌手が多いなあ。
 ↓




乾杯はビールとウーロン茶、飲みたくても飲めない人もいて。
 







         平成26年1月13日(成人の日)

前橋市中内町にある、一般住宅を利用した定員10名の
かし
の樹デイサービスセンター
さんへ訪問演奏に行って来ました。
最大で8時間まで時間を延長できるそうで、 介護職員さんに
加え、看護師さん(機能訓練指導員)がおり、 安心してご利用
いただけます。
個室浴場やホールなど、全ての設備が整っており、 プライバ
シーに配慮しながら、楽しいひとときを過ごせるよう、 万全の
サポート態勢です。


利用者さんを交えての集合写真です。
 ↓





一般家庭を利用しているため、全員が写りませんでした。
 




アットホームな雰囲気は、我が家と変わらない時間が過ご
せます。
 







          平成25年12月14日(土)

太田市東今泉町の
太田いずみの里デイサービスセンター
んへ訪問演奏に行ってきました。

今回は伊勢崎市を拠点に活動している ハイビスカス豊受
皆さんによる華やかなフラダンスが加わりました。
中央マンドリン楽団の女性メンバー (後列左から二人目)の
紹介で出演していただくことが出来ました。
スペースの都合で5人に限定させていただきましたが・・・。

施設長さんを囲んでの集合写真です。
 




12月とは思えない熱気に包まれたフラダンス
 




中央マンドリン楽団は9人が参加
 







           平成25年11月2日(土)

太田市の
別所ケアセンターそよ風さんへ訪問演奏に伺いま
した。
今回は都合の悪いメンバーが多く6人での訪問となりました。



終了後、利用者さんの代表から感謝状が授与されました。
 




今回、初めて利用者さん用に30人分の歌詞カードを作りま
した。
とりあえずは当クラブで勝手に選曲しましたが、職員さんの
リードで、全員が大きな声で歌ってくれました。
 




逆光気味で少々白っぽくなりましたが、おかげで色白に写り、
助かった人もいるかな・・・
 







            平成25年10月26日(土)

伊勢崎市赤堀今井町にあるデイサービス型老人ホーム「
デイ
フィールドつつじヶ丘
」さんへ訪問演奏に行ってきました。
当クラブのメンバーが主宰する フラメンコギター&バレエの賛
助出演として7曲を演奏しました。
 




ギターの生演奏で華麗な舞いを披露、クライアントや職員の
皆さんから、一曲終わるごとに大きな拍手が送られました。
 ↓







        平成25年10月5日(土)

上毛新聞の発表HAPPYの欄に掲載されました。
9月16日の群馬県教育ギター・マンドリン連盟の定期演奏
会に出演した時の写真です。
 







              平成25年9月16日(祝)

群馬県教育ギター・マンドリン連盟の第41回定期演奏会に出
演しました。

アンケートでは当クラブが一番良かったとの評価を得ました。


通常はマンドラ担当ですが遠くへ行きたいではオカリナを担当。
アンケートではオカリナ演奏が功を奏し、 ダントツの一番人気
となりました。
オカリナの演奏者は、 数々のクラブを指導する先生です。     
 
ある時はマンドラを        ある時はオカリナを 
↓                  ↓




赤い靴のタンゴ」で活躍した二人です。
いずれも大ベテランで安心しておまかせ出来ます。
 
間奏のソロを担当        前奏のソロを担当
↓                 ↓



中央マンドリン楽団の演奏風景
 ↓





受付付近で
 







            平成25年4月6日(土)

太田市の
別所ケアセンターそよ風さんへ訪問演奏に行ってき
ました。
この日は午後から嵐に匹敵する爆弾低気圧が来るという天気
予報におびえながら向かったが、時間がズレたらしく小雨程度
でセーフだった。

最後は女性メンバーの歌唱指導で「ふるさと」を斉唱。
 




オカリナ入りの曲を3曲加えました。幾つものオカリナクラブを
指導するメンバーの分かりやすい楽器の説明に、利用者さん
はうなづきながら聞き入っていました。
 




今回の参加者は8人で、一応全パートが揃いました
 ↓








          平成25年2月16日(土)

伊勢崎市の住宅型老人ホーム
「一期一会」さんへ訪問演奏
に行ってきました。
当クラブのメンバーが主宰する、フラメンコギター&バレエの
応援でした。


2月25日(月)の上毛新聞に掲載された記事
 ↓





中央マンドリン楽団は25分の持ち時間で6曲の演奏と斉唱
による「ふるさと」を担当。
 ↓




圧巻だったのは、最後に踊った「山寺の和尚さん」のフラメン
コバージョン。
軽快なフラメンコ風にアレンジしたギターと、おどけた雰囲気
の踊りは斬新でした。
 ↓




フラダンス教室からは5人のメンバーが参加。
色とりどりの衣装で入れ替わり立ち替わりハワイアンを披露。
終了後は満面の笑顔でクライアントに話しかけたり握手をし
たり、 自然体で行動できる姿に大人の魅力が溢れていた。 
 ↓
 






           平成25年2月3日(日)

伊勢崎市ボランティアフェスティバルに出演しました。
いずれも古い曲ですが「ブルーライト・ヨコハマ」とオカリナを
加えた「遠くへ行きたい」の2曲を演奏。
 




全国でも珍しいヘルマンハープの演奏も
 







           平成25年1月19日(土)

太田市の
太田いずみの里デイサービスセンターさんへ訪問
演奏に行って来ました。
晴天の中、前橋からは一般道で50分程度のドライブコース。
今回は参加者が少なく6人、少数精鋭となったかどうかは訪
問先の判断にゆだねます。

男女3人ずつでバランスは良い
 ↓





控え室にはお茶やお菓子をはじめ、女性施設長さん手作りの
乾燥芋や漬け物がドッサリ、まるで宴会でも出来そうな量で残
りは全員で分けていただいて来ました。
さらに驚いたのは器も手作りだと言う、 こちらもお土産用に人
数分を用意されていた。
2枚一組のお皿は、きちんと包装され星のマークに切り取られ
た飾りが貼り付けてあり、 女性ならではの繊細な心遣いに 参
加者一同思わず正座してしまった。
 




施設の玄関先で、左から3人目が施設長さんです。
 







           平成24年11月17日(土)

訪問演奏などが忙しくて、しばらく親睦会から遠ざかっていた
ので、カラオケ店で早めの忘年会を行いました。

カラオケとオカリナのハイブリッド演奏に熱唱が加わって
 ↓





親睦会も一石二鳥とばかり、訪問演奏のレパートリーに加える為
島倉千代子さんの「東京だョお母さん」の替え歌で
振り込め詐
欺だョおっ母さん
の練習をする女性メンバー。
歌手顔負けの歌唱力です。
 ↓




お決まりの乾杯でスタート(8人の参加でした)
 ↓








             平成24年11月7日(水)

公民館を利用するクラブの代表者などを対象とした救命講習
会に参加しました。
普通救命講習Tのコースで人工呼吸やAEDの使い方などを
3時間受講しました。


講習終了後に授与される修了証で、試験はありません。
受講番号と氏名は
編集してあります。
修了証のデザインなどは管轄の消防署等独自の物らしい。
 




人工呼吸とAED操作の実技講習
 




最初に、A4版40ページのテキストで学科講習
 ↓








           平成24年9月30日((日)

佐波郡玉村町に今年オープンした有料老人ホームの秋祭り
に出演しました。
今年オープンした有料老人ホーム 「
ふるさとホーム玉村」が
開催した秋祭りの一環。
心配された台風も 何とか回避され入所者と共に楽しい一日
を過ごしました。
今回の訪問演奏は、 当楽団のメンバーが主宰する 「フラメ
ンコギター&バレエ」 の賛助出演的な立場で伺いました。

平成24年10月11日(木)上毛新聞に掲載された記事

 




建物が長すぎて全景が撮れない!
 ↓








             平成9月13日(木)

下記の定期演奏会のステージ写真と重複しますが、こちらは
上毛新聞の発表HAPPYに掲載された白黒写真です。
 







            平成24年9月2日(日)

第40回 群馬県教育ギター・マンドリン連盟の定期演奏会に
出演。

曲目は・・・
1.さくら変奏曲
2.竹田の子守唄
3.悲しき天使

アンケートでは出演の8団体中、去年に続いて一番良かった
との評価をいただきました。
曲目では「悲しき天使」とオカリナを加えた「竹田の子守唄」
が共に最高得票でした。
 




舞台練習の後に撮影した集合写真
 







           平成24年7月28日(土)

前橋市江木町にある
「やすらぎ園、デイサービスセンター」さ
んへ訪問演奏に行って来ました。
猛暑とはいえ 施設の中は空調が効いているため快適そのも
の。
今回は、 スピーカーの片方から音が出ないアクシデントに見
舞われたが、 部屋の広さから 十分対応出来ると判断して不
具合のまま開始、 約1時間の持ち時間をフルに使って 13曲
を演奏。
最後に斉唱した 「ふるさと」は、 私の教室へ来ている薬剤師
の女性にリード役をお願いした。
場慣れしている様子でクライアントのハートをがっちりつかん
でいました。
 ↓




やすらぎ園デイサービスセンター
 ↓








           平成24年7月8日(日)

第14回ボランティア、市民活動団体情報交換会が、伊勢崎
市社会福祉協議会境支所で開催されました。
今回のテーマは、東日本大震災を教訓とする防災や災害ボ
ランティアについて、 満席の会場は7〜8割が女性だった。
 ↓




参加を呼びかけるパンフレット
 ↓








         平成24年7月16日(海の日)

太田市の「
別所ケアセンターそよ風」デイサービスセンターさ
んへ訪問演奏に行って来ました。
今回で3回目、勝手知ったる施設なので全てスムースに進行
と思われたが、 途中でワイヤレスマイクの電池が切れるアク
シデント、 予備を用意してあるので差し使えはないが 時間を
ロスしたため、予定時間を5分超過してしまった。

上毛新聞に掲載された記事
 ↓





建物の西側には緑のカーテン。
 ↓







           平成24年5月19日(土)

前橋市川原町にある「
コスモス川原さんへ当クラブのメン
バーの紹介により、訪問演奏に行って来ました。


荒れ模様の天候が続く中、この日だけが晴天で部屋は冷房
を入れる陽気となりました。
最近は、クライアントとの一体感に配慮して全員、 私服でお
伺いしています。





高齢者専用賃貸住宅とデイサービスセンターが合体している
施設は初めての訪問でした。
 







         平成24年3月20日(祝日)

除ケ町 ふれあい いきいきサロンに伺いました。
この行事は伊勢崎市から委託された自治会単位のミニデイ
サービスで、地区の民生委員さんが中心となり、20名程度
のスタッフで毎月開催しているという。


上毛新聞に掲載された記事。
 





80歳以上に限定したが、それでも55人の方が招待されま
した。
                  ↓




メンバーの女性が予定外の歌を披露しました。
 ↓








           平成24年3月17日(土)

太田市
別所ケアセンターそよ風デイサービスセンター
んへ訪問演奏に行ってきました。
当クラブはリピート率が高く、定期的に声をかけていただ
く施設が多い。
写真は職員の方が撮影したものを送っていただきました。


利用者さんの代表(右手前)から感謝状を授与される女性
会員(左)、顔が見えないのが残念ですが・・・
                 ↓




同じ施設からの依頼はレパートリーの変更にも気を使う。
 ↓








          平成24年2月5日(日)

第7回目となる、伊勢崎市ボランティアフェスティバルが、
今年は「あずま公民館」と付随する「あずまホール」で開
催されました。
「あずま公民館」は、小泉稲荷大鳥居の近くで風光明媚
な田園地帯に位置する。




今年のゲストは語りの古屋和子さん。
宮沢賢治の「なめとこ山の熊」などを琵琶を弾きながら語ら
れ、 観客を魅了する話術と荘厳な琵琶の音色は、 不思議
なほど調和していた。
 




中央マンドリン楽団は8人での参加となりました。1団体に
つき準備や出入りを含めて12分以内の制限があり、「さく
らさくら変奏曲」とオカリナを加えた「竹田の子守唄」の2曲
を演奏。
マンドリンとギターの演奏は 私達だけだったので、 新鮮さ
は味わっていただけたかも知れません。
幸い音響が 思っていた以上に良好で、 少ない人数ながら
気持ちの良い演奏ができました。
 




ポスターは伊勢崎市内の各所に貼られ、啓蒙に大きな役割
を果たしました。
 







           平成23年9月17日(土)

太田市の
別所ケアセンターそよ風(デイサービスセンター)さ
んへ訪問演奏を行いました。
職員の美人女性が当クラブのホームページを見て、 Eメール
での依頼があり実現しました。
明るい職員さんの対応に圧倒されながら、私達も大変気持ち
の良い演奏をさせていただきました。


上毛新聞に掲載された記事
 ↓





別所ケアセンター様から感謝状をいただきました。
 ↓





華やかな衣装のタヒチアンダンス
 ↓





中央マンドリン楽団の演奏
 ↓





別所ケアセンター そよ風
 ↓








           平成23年9月4日(日)

群馬県教育ギター・マンドリン連盟主催の定期演奏会出演。
当クラブの演奏曲は・・・
1、また君に恋してる
2、童謡ビタミン
3、ロシア民謡メドレーの3曲でした。
アンケートでは一番良かったとの評価をいただきました。
                 ↓




定期演奏会に向けての追い込み練習
 ↓










           平成23年7月9日(土)

太田いずみの里デイサービスセンター」さん へ訪問演奏に
伺いました。
毎年1回、今年で6年目となります。
職員の皆様をはじめ、女性の施設長はクライアントに絶対的
な信頼があり、家庭的な雰囲気はピカイチ。


毎月発行される予定表の裏には、前月の行事が掲載されま
す。
右下に
中央マンドリン楽団 の演奏風景を掲載していただき
ました。
お心遣いありがとうございます
 




7月12日(火)上毛新聞に掲載された記事




めっぽう暑い日だったので、アイスコーヒーとシフォンケーキ
をいただきました。





趣のある喫茶店は古民家ふうの造りで「かぜくら」





施設長の知り合いで、地元の醸造会社内にある喫茶店で、
お茶とケーキを御馳走してくれるという。





今回は試験的に全員私服での参加、結構みんな地味。
フラメンコ踊りの二人は着替えていますが・・・





控え室でお土産にいただいた茶菓子を分配する女性会員





七夕飾りに負けない衣装で熱演するフラメンコの二人
 




施設長さんに撮っていただいた写真の1枚です。
 ↓




毎月発行されるカラーの予定表、9日はボランティア・マン
ドリンショーとある。
 







          平成23年6月18日(土)

ツクイ高崎デイサービスセンター ふれあい」さんへの訪
問演奏を行いました。
震災のため休止となっていた練習を再開してから初めての
訪問演奏です。
今回はギター演奏に合わせたフラメンコ踊りを加えまた。
華やかで優美な舞いに クライアントの皆さんからは惜しみ
ない拍手が送られました。

6月20日に掲載された新聞記事





毎回メンバーの一人が固定でビデオを撮影してくれる。
DVDの表紙も写真入りで編集してくれるので資料とし
て保存しています。








            平成23年4月23日(土)

今までの練習会場が東日本大震災により被災したため取
り壊しが決定、3月〜4月の練習を休止していました。
5月から新会場に移る記念に親睦会を開催しましたが、宴
会場での写真を撮り忘れ、帰り際に店の玄関で撮ったこの
1枚しか掲載できません。

                    







           平成23年2月6日(日)

中央マンドリン楽団が練習会場として借りている「絣の郷」
で、第6回となるフェスティバルが開催されました。
この行事は、 絣の郷を拠点に活動している各種団体が合
同で開催するもので、ステージ発表だけでなく、 各階に設
けられたブースにより活動の紹介や体験コーナーなど、何
でもありのお祭りでした。
当クラブは今回、 初出演ですが
埴生の宿童謡アルバム
の2曲を演奏しました。


伊勢崎市市民活動課、伊勢崎市社会福祉協議会が発行す
る「ボランティア」・「市民活動通信」平成23年3月号に掲載
された
中央マンドリン楽団の演奏。
 




前日は職員の方をはじめ、役員や参加団体の有志が会場の
準備に当たった。
 




多目的ホールの観客席は折りたたみ椅子を使用。立ち見が
出る盛況ぶりに関係者もご満悦。
 




ゲストとしてフラメンコの3人組「ドン・アルマス」が出演。迫力
のある演奏で観客の度肝を抜いていた。
 







          平成22年11月6日(土)

伊勢崎市にある「
ニチイケアセンター伊勢崎」さんへ訪問演
奏に行ってきました。
今年の5月に開所した新しい施設です。

オカリナ演奏を加えた11曲を演奏、最後に「四季の歌」を斉
唱して一時間を締めくくりました。


終了後は和室でお茶を御馳走になりました。





広いホールのため、10人のメンバーでは、クライアントとの
距離も、
お〜い!と言うほど遠くなってしまいました。
                 ↓ 




あらかじめの打ち合わせに行った時に撮った
「ニチイケアセンター伊勢崎」の全景です。








             第38回 定期演奏会出演

平成22年9月5日(日)主催の第38回群馬県教育ギター・マン
ドリン連盟定期演奏会に出演しました。
メンバーのうち今回は9人しか参加出来なかったが、アンケート
結果では一番良かったとの評価をいただきました。
若い会員が多いのでエネルギッシュな演奏が功を奏したものと
思います。

知人に撮ってもらった本番写真です。
曲の合間でしょうか?






開演前の練習風景
 ↓





音響と照明も当楽団のメンバーが担当
 ↓







聴きに来ていただいた会員の奥さんが美人だったので・・・
 ↓




今年も受付を担当しました
 ↓








           平成22年8月21日(土)

群馬県太田市「
いずみの里デイサービスセンター」さんへの
訪問演奏は今回で5回目となる。
今は前橋からでも高速道路を使うと片道300円で、アッとい
う間に到着できる。
音響の準備に約30分、午後2時から3時まで 通所者と共に
過ごす。
演奏だけでなく、 おしゃべりを加えると、コミニュケーションも
図れるので、アンコールの声も自然に湧いて出る。
後片付け中も、お礼の嵐となり、 次回の約束をしての帰宅と
はいえ、後ろ髪引かれる思いです。

8月30日の新聞記事(上毛新聞)



職員の方達も交えての集合写真
   ↓




メンバーによるオカリナとギターの二重奏も披露




準備中に撮ったので、あっち向いてホイ!の方もいます。







団員の勤務先 (東証1部上場企業)で毎月発行される会報誌
はA4版15ページのカラー印刷、内容は従業員に関する記事
が大半で、社内のクラブ活動や個人の趣味などが順次掲載さ
れるという。
平成22年6月号では、中央マンドリン楽団のギターメンバー
が紹介されましたが、本人の意向により会社名と氏名は非公
開となりました。
学生時代に培ったクラシックギターの技術は、まさにスペシャ
リスト。
当楽団の指導者的立場でもあり、今後は自身が編曲した曲を
仲間と演奏したいなど、ますますの意欲は楽団員の志気高揚
にも寄与しています。
                  ↓







伊勢崎市市民活動課と社会福祉協議会主催の市民
ボランティアフェスティバルが開催された。
会場は「絣の郷(かすりのさと)」の円形交流館と称さ
れる建物。




今年で5回目を迎えたフェスティバルは、市町村合併に
より参加団体も増え、ますますボランティアの輪が広が
ることでしょう。

行事の内容が、つぶさに掲載されたボランティア・市民
活動通信です。







群馬県伊勢崎市中央町のふくしプラで開催された
第12回はーとふるフェスティバルに、中央マンドリン
楽団が出演しました。

日時/平成21年12月6日(日)13:30〜15:30
会場/ふくしプラザ多目的ホール
入場/無 料

マンドリン合奏、オカリナ演奏、弾き語り、みんなで歌
おう、の4コーナー2時間全てを芸人揃いの中央マン
ドリン楽団が担当しました。

ふくしプラザの職員、 社会福祉協議会、実行委員会
他関係者の皆さんには大変お世話になり、 ありがと
うございました。


伊勢崎市、社会福祉協議会発行の「かがやき」にも
オークションや 即売会などの様子と共に、ステージ
中央マンドリン楽団の伴奏に合わせて歌う、社協
の方々の記事が掲載されました。
最後列で座って演奏しているため 1〜2人のメンバ
ーしか見えませんが・・・




毎月発行される「広報いせさき」にも町の出来事蘭に
掲載されました。




中央マンドリン楽団では、「みんなで歌おう」の2曲を含めて、
全11曲を演奏しました。




オカリナ演奏の齋藤さんとギター伴奏の笠井さんです。




会場のふくしプラザは広い敷地で全景の撮影は無理、
正面の玄関付近を撮りました。




プログラムの最後は会場の皆さんや社会福祉協議会
実行委員会の方達全員で2曲を斉唱しました。




出演者のプロフィールも原稿どおり掲載していただきました。




多彩な趣味を持つ当クラブのメンバーは2時間の演奏にも
無理なく対応できます。




プログラムの表紙にはマンドリン、ギター、オカリナ
カスタネットなど、演奏に使われる全ての楽器が配
置されている。




温かい雰囲気のカラーパンフレットが作成されました。







群馬県教育ギター・マンドリン連盟37回 定期演奏会出演

日時/平成21年9月6日(日)午後2時開演
会場/群馬県生涯学習センター ホール
入場/無 料

中央マンドリン楽団は13人が出演




曲目は、クラシックのラバースコンチェルト、サザンのツナミ
童謡アルバム(5曲をメドレーで演奏)
の計3曲を演奏。


当クラブは6番目の出演で童謡アルバムは富士の山、どこ
かで春が、かなりや、おぼろ月夜、夕焼け小焼け。
夕焼け小焼けでは、女性メンバーのナレーション入り。


〔ナレーションの内容〕

童謡アルバムの5曲は、いにしえの幼き日に口ずさんだ心
の日記帳。
四季折り折りの移ろいを詠んだ歌詞はふるさとへと誘い、
ゆるやかで哀愁に満ちたメロディーは、人生の憂いと共に
積み重ねた時間への郷愁となって、いつまでも、 いつまで
も歌いつがれていく事でしょう。
                 ↓



会場の廊下で練習しているところをパチリ




新聞記事も話題性から、フラメンコを取り上げた。








太田市にあるデイサービスセンター「大田いずみの里」さん
へ4回目の訪問演奏を行いました。
勝手知ったる施設であり、準備も全て順調に進んだ。
一人のメンバーが譜面台を忘れた以外は・・・
後日写真が届いたら掲載します。

新聞に掲載された記事は「うなぎの寝床」横幅を他の写真と
同じにすると、このように砂漠の米粒状態。
                 ↓       






平成21年5月16日(土)前橋市ぬで島町の社会福祉法人
「あい」が運営する障害福祉施設「
ぷらーな」さんへの訪問
演奏を実施しました。
今回は12人のメンバーで12曲を演奏、最後は全員で
ふる
さと
を歌い、終了後は皆さんと一緒にお茶しました。
後日、施設長さんからの礼状が届き心温まる対応に感激し
ております。




演奏終了後はクラエアントと共に3時の「おやつ」をご馳走に
なりました。          




カメラの担当者が忙しくて準備中に撮った女性陣の1枚だけ
が掲載の対象となりました。




職員の方がこのようなパンフレットを作成、関係者に配布し
て訪問演奏当日は、地域住民の皆さんにも施設を開放、障
害者への理解を深めていただく行事として定着しています。




2階建てのモダンな造りで通所者も落ち着いた雰囲気の中
でくつろぎの時間を過ごせる配慮が伺える。
理事長の
長居由子さんは音楽療法士で週に数回自ら携わ
っている。           
 






平成21年3月14日(土)太田市のデイサービスセンター
いずみの里」さんへ訪問演奏を実施

13人のメンバーが10曲を演奏、職員の皆様の手厚いお
持てなしに、ただただ恐縮するばかりでした。
                  

開演前にメンバーが撮った写真ですが一番端っこの女性
が隠れてしまいゴメンナサイ
 


お詫びにもう1枚掲載、今度はちゃんと写ってま〜す。
 


3月16日(上毛新聞)




写真と共に施設長直筆の礼状が届きました。
 






絣の郷(かすりのさと)の練習会場は、当クラブには広すぎる
大きさ。
ここでの練習風景を初めて写真に撮ったが、部屋中真っ白け
なので絵にはなりにくい。
 






群馬県教育ギター・マンドリン連盟主催の第36回定期演奏会
に出演、今年は直前になって日にちが変更になり、当クラブは
予定していた出演者が、次々欠席となるアクシデントに見舞わ
れました。
結局8人での出演となり、演奏中に弦が切れ、踏んだり蹴った
りの状態でした。
 


受付は当クラブの3人官女が担当しました。







平成20年8月、上毛新聞社から中央マンドリン楽団につい
ての取材を受けた。
福祉施設への訪問演奏など、ギター・マンドリンを通して社
会貢献に取り組む姿勢が高齢化社会に共感を呼んだのか
も知れない。






平成20年7月25日、伊勢崎市で暑気払いならぬ梅雨払い
の宴会を11人で行いました。
二次会はカライオケBOXで、結局帰宅は午前様でした。

遅れて参加する人もいるので、乾杯もその度に行われる。
これで何回目だろう・・・
 ↓



年齢的には親子、他人ですが偶然にも二人は同じ苗字です。
 



やらせのポーズ!
 






平成20年6月29日(日) 前橋市のケアハウス・パノラマさん
への訪問演奏を実施しました。女性陣は全員バラのコサージ
ュを付けて熱演。(メンバーの手作りです)
 ↓



有志13人が参加、演奏開始前に撮っておいた写真です。
 



全体の雰囲気は、こんな感じです。
10曲を演奏しましたが元気なお年寄りが多く、歌詞カードを
渡しておいたので、知っている曲は大声で歌ってくれました。
誕生会を兼ねた行事だったため、ハッピバースデーも演奏、
クライアントとの一体感にメンバーも満足の様子でした。



新聞に掲載された写真は左半分の女性です。
 






平成19年9月27日、演奏会の慰労会を行いました。
14人のメンバーのうち12人が参加、大酒飲みはいないので
終始なごやかな雰囲気でした。

お店の玄関前での集合写真です。




親子?、それとも孫とおじいちゃん?
 






平成19年9月9日(日)群馬県教育ギター・マンドリン連盟
主催の第35回定期演奏会に出演。
虹の彼方に・ワシントン広場の夜は更けて・ロシア民謡メド
レーの3曲を演奏。
アンケートでは当クラブが1位の結果となりました。
勿論、順位を競うものではありませんが・・・

上毛新聞には、中央マンドリン楽団の女性を中心とした左
半分が掲載され、当クラブの象徴とも言える女性主導型が
証明?されました。
 ↓



中央マンドリン楽団は14人が出演
 



角度を変えると、こんな感じ・・・
火事ではありません。赤い照明の時、撮った写真です。
 ↓



ステージには3基のスタンド生花が届きました。
 ↓



演奏の前に・・・誰かさん恥ずかしいの?
男性は舞台の準備で留守でした。
 ↓





会員の要望により入会案内書を作成しました。
A4版で両面カラー印刷、3つ折りです。










平成19年5月13日(日)伊勢崎市社会福祉協議会あずま
支所主催の行事にアトラクションとして出演しました。

新聞記事




いただいた花束へのお礼と簡単なメンバー紹介
 



出演者全員に花束贈呈があり、関係者と記念撮影
 



中央マンドリン楽団の有志9人が10曲を披露
 ↓



開演前に軽い体操で体をほぐして・・・
 



下記次第の個人名は削除してあります。
 






平成19年4月14日(土)前橋市のケアセンター「そよ風」さ
んへ訪問演奏を行いました。
記事には6人だけ掲載されましたが、メンバー11人で参加
計10曲を披露しました。(上毛新聞)
 



施設の女性職員から届いた礼状はクラブの宝物です。
 



入所者の代表から謝辞をいただきました。
 



女性職員のほほえましい歌唱指導
 ↓



約40人のクライアントの前で・・・
 



ケアセンターそよ風
 ↓







      平成19年3月25日
群馬県教育ギター・マンドリン連盟総会
 



親睦を兼ねた総会で、中央マンドリン楽団は左の男性会員
が出席しました。
 






平成19年1月18日
新年会開催会場の玄関で、写真が嫌で逃げた方も・・・

 



和風の居酒屋はムード満点、少々おすまし顔で
 ↓




大夫お酒が回って・・・お嫁にいけないよ!
 ↓








上の3枚はお遊びで作ってみました。
怒っちゃ
やーよ!




              平成19年1月17日
上毛新聞社発行の小冊子に当クラブが紹介されました。

取材から掲載日まで日にちが経っているため退会した方も
います。
 ↓








平成18年12月23日(土)
前橋市のケアハウス「
パノラマ」への訪問演奏を実施。

施設からの礼状は会員の励みとなります。
 ↓



今年3月にも伺った施設なので顔なじみの入所者も・・・
 ↓



歌は数々の訪問演奏を経験しているベテランで、
セリフ入りの歌謡曲は玄人顔負けの熱唱です。
 ↓





            平成18年11月11日(土)
前橋市の特別養護老人ホーム 「
あじさい園」へ訪問演奏を行い
ました。
 
有志12人で童謡集、影を慕いて、白雲の城、岸壁の母、二輪草
など歌を交えながら9曲を披露、あいにくの雨に誘われてか涙す
る入所者も・・・・
 






         平成18年9月24日(日)
群馬県教育ギター・マンドリン連盟 定期演奏会出演

 ↓



受付は中央マンドリン楽団
 ↓



              平成18年9月10日
県、教育ギター・マンドリン連盟の定期演奏会に向けて全体
合奏の練習風景。
当クラブのメンバーは主に最前列に陣取っている。
       (写真提供は会員の清水和男さん)
 ↓






平成18年
伊勢崎市のグループホーム「
さがん」訪問演奏。








平成18年6月3日(土)
太田いずみの里デイサービスセンター訪問演奏。


上毛新聞
 



演奏風景







平成18年5月20日(土)
伊勢崎
あずまデイサービスセンター訪問演奏

 





平成18年3月19日
前橋市のケアハウス「
パノラマ」さんでの訪問演演奏。


パノラマ全景
 



上毛新聞




演奏風景、男性陣




演奏風景、女性陣







平成18年2月26日(日)
伊勢崎市のグループホーム「
さがん」への訪問演奏。


上毛新聞




歌はNHKのど自慢で週間チャンピオンになった方です。




女性メンバーは毎回服装が変わっています。







平成17年12月
前橋市日吉町にある老人ホーム「
恵風園」さんでの訪問演奏


新聞記事(上毛新聞)




恵風園




ギター合奏




毎月行われる誕生会に合わせての演奏会
マンドリン合奏








平成17年
群馬県教育ギター・マンドリン連盟定期演奏会出演

合併後、中央マンドリン楽団として初めての出演





ここから上は全て中央マンドリン楽団の記事です





平成17年

ここから下は合併して中央マンドリン楽団になる
前の伊勢崎マンドリンクラブ と アクト・マンドリン
クラブの活動記事です。

平成16年
群馬県教育ギター・マンドリン連盟出演
(伊勢崎マンドリンクラブ)








平成15年12月20日
太田市いずみの里デイサービスセンタ−さんへの訪問演奏。
(伊勢崎マンドリンクラブ・あびるす群馬合同)





この日はクリスマスパーティーの行事に合わせての
訪問となり、職員のサンタさんも登場しました。







平成14年、大泉マンドリンフェスティバル出演
       (アクト・マンドリンクラブ)

上毛新聞



パンフレット(主催/アップル・ストリングス)




アクト・マンドリンクラブの演奏







平成14年
群馬県教育ギター・マンドリン連盟定期演奏会
(アクト・マンドリンクラブ)










平成14年
上毛新聞、公民館サークル紹介
(アクト・マンドリンクラブ)








平成14年
高山村キャンベルバーでのサロンコンサート
(アクト・マンドリンクラブ)


読売新聞





アクト・マンドリンクラブの演奏







平成14年
重度身体障害者施設「大地」開所記念
(アクト・マンドリンクラブ)


上毛新聞




来賓の皆様




入所者(通所者)は若い人も多いので事前の打ち合わせで
モーニング娘の曲もリクエストされました。







平成14年
前橋市五代町ふたばデイサービス訪問演奏
(アクト・マンドリンクラブ)


上毛新聞




群馬音楽療法研究会の吉江福子事務局長も挨拶




今回は三味線も加えての演奏となりました。








平成13年
榛東村ギター・マンドリンクラブ演奏会に賛助出演
(アクト・マンドリンクラブ)








平成12年
群馬音楽療法研究会の情報交換会に出演


上毛新聞に掲載されたアクトマンドリンクラブ







                平成12年
高崎市「希望館」内ケアハウス訪問演奏、アクト・マンドリンクラブ
とラブリーONEの合同演奏。

上毛新聞







平成12年
群馬県ギター・マンドリン連盟定期演奏会出演
(アクト・マンドリンクラブ)







              平成12年
前橋日赤病院、院内コンサートにアクト・マンドリンクラブと
ラブリーONEが合同で出演しました。

上毛新聞に掲載された記事







平成11年
渋川市社会福祉法人「恵の園」秋桜祭出演

(アクト・マンドリンクラブ)

プログラム




幾つもの団体が出演したが、新聞記事には偶然
アクト・マンドリンクラブが掲載されました。







平成11年
群馬県教育ギター・マンドリン連盟定期演奏会に出演
(アクト・マンドリンクラブ)








平成10年
「広報まえばし」に紹介される
(アクト・マンドリンクラブ)







平成10年
情報倶楽部nanaの誌上で紹介される
(アクト・マンドリンクラブ)







016542

トップ アイコン
トップ


雲と草